ゴルフアプローチ〜グリーン周りからのマネジメント基本編〜

2020年2月11日 |

こんにちは norihiroです(^^)
写真は半袖ですが、先月タイで撮影してきました!笑

今回はグリーン周りからのマネジメント基本編です。
皆さんはグリーン周りにおいて、様々な状況に遭遇した時、どのように対応していくでしょうか⁇
遭遇しやすい状況に対する考え方とセットアップをお伝えしたいと思います。

▪️ラフからの砲台グリーンの場合

-考え方-

ラフの基本的な考え方としては「ボールが上がらないライ」という認識が必要です。
浮いている場合はクラブが入るスペースがありますが、沈んでいる場合などはボールが低く出ていくというイメージからグリーン周りでマネジメントしていきましょう。

-セットアップ-

ですので、ボール位置も左足よりにセットしていきボールが上がるアドレスを取る必要があります。

またラフの長さによってはクラブフェースを開いたり、コックを使うなどの工夫をしていくことがマネジメントの鍵になります。

▪️フェアウェイからの砲台グリーンの場合

-考え方-

ラフとは違いライに対する認識は必要ありませんが、きちんとボールをヒットさせる必要があります。

-セットアップ-

砲台グリーンの場合はボールを上がるようにボールポジションをいつもよりも左足寄りにする事やマウンドに当てて打つ場合はボールポジションを真ん中もしくは右足寄りにするなどの工夫をしていきましょう。

▪️グリーン周りからの転がす場合

-考え方-

この状況で意外にミスが多いかと思います(笑)
ここでは確実に寄せワンを取るためにピンまでの距離を打ち分ける必要があります。
そのためにはピンまでが何ヤードなのか??という事よりもピンに寄せるために何ヤードの位置にボールを落とすべきなのか??を考えることが最も重要です。

-セットアップ-

打ち方によるミスはセットアップにあります。ご自身の認識よりもボール位置が右足に無い場合・クラブフェースが開いてしまっている、または手元が先行した形を作れていないことにあるかと思います。

あとはせっかく転がす選択をしたのに写真のように打ち方をすくい上げる動きも避けていきたいですね!

これらは考え方やセットアップの基本になります。
ご存知のことも多いかと思いますが、グリーン周りで漠然と何と無くプレーされている方はいらっしゃると思います(笑)
このような事を知っておくこと、再確認することで、グリーン周りからでもスコアを縮めていくことが可能になるので実践で試しながら、少しずつ覚えていってください(^^)

またこれらに繋がるヒントレッスンも今後開催しますので、グリーン周りからスコアアップを望んでいる方はご参加ください!

2/22(土)「勿体ないミスを無くすヒント!(ショートゲーム編)」

3/7(土)「勿体ないミスを無くすヒント!(ショートゲーム編)」

Facebookページ

Instagram

ゴルフコーチ井上 範大HP
「GOLFCOACH NORIHIRO INOUE」

コーチページ 井上範大

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

こんにちは norihiroです(^^)
皆さん今年のチャレンジは何でしょうか?

私ごとではありますが、昨年の11月にアルバトロスを達成することが出来ました。
私もゴルファーとして、ここ2-3年間取り組んでいたことが最高の形となりました。

2024年はレッスンを通じて、取り組みから気付いたことや感じたことを皆さんに存分にお伝えしていきたいと思います。

また春からはアカデミア(3か月間プログラム)を開催する予定です。

皆さんもご自身の可能性に「ちゃれんじ」していってくださいね!

〜オススメ〜
■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
Yahoo!クリエイターズプログラムページ
「Norihiro Golf チャンネル」
https://creators.yahoo.co.jp/norihirogolfchannel

Facebookページ

Instagram

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 215ビュー
  2. 2023年新ルール知ってますか? 214ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 172ビュー
  4. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 164ビュー
  5. 競技用スコアカードの書き方 128ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 124ビュー
  7. 「スプーン」は必要?!3番ウッドについて考える 118ビュー
  8. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 104ビュー
  9. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 96ビュー
  10. キャディバックの持ち方 89ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る