バンカーから脱出する為の3つのコツ!

2021年4月5日 |

こんにちは、toshiyukiです!
アマチュアの皆さんはバンカーショットを練習する機会が圧倒的に少ないのでどうしても苦手意識が強くなると思います。
そこで今回はバンカーから脱出する為の3つのコツをお話ししたいと思います。

バンカーから脱出する為の3つのコツ!

1.重くバウンスの小さいSwを使う

バンカーショットを打つ際に多くの方はSwを使われると思います。
通常、アイアンセットに含まれているSwはクラブヘッドが砂に深く潜り込まないようにバウンスを大きくしています。
またレディースのアイアンセットのSwはとても軽いです。
砂がフカフカしているバンカーはこういったクラブでもいいと思いますが最近はどのゴルフ場も砂が少なくてとても硬いバンカーが多いです。
硬いバンカーではクラブヘッドが砂に潜っていきづらくアイアンセットのSwでは地面に弾かれてトップしてしまうことが多くなります。
セットで売られているものではなく重くてバウンスの少ないSwを使うことでクラブヘッドが砂に潜りやすくなりボールが綺麗に上がって脱出する確率も上がります。
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツSw

2.両足を揃えてスイング

バンカーショットではクラブヘッドが砂に落ちる場所がとても重要になります。
しかしバンカーショットが苦手な方はクラブヘッドが砂に落ちる場所が毎回変わります。
これはスイング中に体の重心(おへその下)の位置が左右に動いてしまうことが原因のひとつです。
そこで両足を揃えてスイングすることで重心の位置が固定され、クラブヘッドの落とし場所が安定してきます。
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツ両足を揃えてスイングアドレス
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツ両足を揃えてスイングテークバック
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツ両足を揃えてスイングフォロー

3.クラブヘッドを走らせる

バンカーショット以外のショットやアプローチではハンドファーストにインパクトすることを目指して練習されていると思います。
しかしバンカーショットでハンドファーストに振り抜くとボールが飛ばなくなります。
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツハンドファーストテークバック
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツハンドファーストインパクト
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツハンドファーストフォロー
バンカーショットではインパクトでクラブヘッドがグリップを追い越すイメージで早めにコックを解いてスイングした方がボールが簡単に飛んでいきます。
なので手首や肘などの力を抜いてクラブヘッドを走らせながらスイングしていきましょう!
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツヘッドファーストテークバック
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツヘッドファーストインパクト
GEN-TENコースレッスンバンカーショットのコツヘッドファーストフォロー
いかがでした?
以上の3つのコツをぜひ試して頂いてバンカーショットに自信を持って頂けたら嬉しいです!(^^)

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

日本人初のマスターズチャンピオンが生まれました!
感動しましたねー!(≧∇≦)
また来年のマスターズでどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです!(^^)
マスターズを見るとゴルフがしたくなりますね!
皆さんもマスター達の良いイメージを持ってゴルフを楽しんで下さい!(*^^*)

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 491ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 430ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 340ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 284ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 261ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 229ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 193ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 167ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 155ビュー
  10. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 155ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る