説明会&体験レッスン at 六甲カントリー倶楽部(牧野佑司)

2019年9月16日 |


GEN-TENでは新規受講者を対象に「説明会&体験レッスン」を全国で開催しています。
まずはコースレッスンがどんなものなのか体験したいという方や、コーチに会ってどんなレッスン内容なのか確認したいという方が気軽に参加できるメニューです。

今回は兵庫県の六甲カントリー倶楽部で開催された牧野コーチによる説明会&体験レッスンの様子をお伝えします。

10:30 説明会


説明会ではGEN-TENのコースレッスンの特徴や、効果的なゴルフの上達法についてお伝えしています。
レッスンに来ていただくための情報だけではなく、どうやったらゴルフが上手くなれるのか?どんな練習をすれば良いのか?という内容についてもお話ししていますので、この話だけでも聞きにきていただく価値があると思います。

11:00 アプローチレッスン


GEN-TENのレッスン会場は原則として「アクセスが良い」「練習施設が良い」「サービスが良い」というコースを厳選して契約しています。
こちらの六甲カントリークラブさんも整備されたアプローチグリーンや、屋根付きのドライビングレンジがあり、練習施設が充実しています。

11:30 パッティングレッスン


練習場やスタジオではなかなか習うことができないパッティングについてのレッスンです。
パッティングの成否は「距離」「方向」「読み」という3要素から決定されます。これらについて一つずつ正しい知識を学べば一気にスコアが縮まります。

13:00 ロングゲームレッスン


GEN-TENでは100Y以上のショットの練習をロングゲームと読んでいますが、フルスイングのレッスンも快適なドライビングレンジで行います。
個別のアドバイスはもちろん、コーチのデモンストレーションもお楽しみください。

14:00 コースレッスン


コースレッスンはラウンドレッスンとは違い、コース内で何度も打ち直しをしながら練習できるのが特徴です。
実際のレッスンでは約2時間にわたって、コースの様々なシチュエーションでレッスンをします。
傾斜、バンカー、グリーン周りのアプローチ、フェアウェイからのアイアン、フェアウェイウッド、ティーショットなど、ゴルフのプレーで起こり得るあらゆるシーンを想定した練習が可能です。

16:00 終了(アンケート)


最後に今回の体験レッスンの受講アンケートを記入いただいて終了です。
今年度は約8割の方が全体の満足度を「大変良かった」と評価していただいています。

説明会&体験レッスンは関東、東海、近畿で開催していますので、ぜひ気軽にGEN-TENのコースレッスンを体験してみてくださいね。

説明会&体験レッスン→
牧野佑司→

この記事を書いたのは

大矢 隆司

大矢 隆司

1980年7月15日生まれ
15歳で単身オーストラアへゴルフ留学Hills Golf Academyで3年間ゴルフを学ぶ。
その後大学在学中にティーチングライセンスを取得しゴルフコーチとして仕事を始める。MBA(経営学修士)のキャリアも持つ異色のゴルフコーチ。
2005年にGEN-TENの設立。現在はディレクターとしてレッスンプログラム開発と組織運営を担当。趣味はゴルフ旅行(スコットランドトリップアメリカトリップ

ゴルフコーチ(USGTF)
メンタルフィットネストレーナー(NESTA)
ゴルフコンディショニングスペシャリスト(NESTA)
ゴルフフィットネストレーナー(JGFO)

Director’s note」を通じて私達が提供するゴルフコースレッスンというサービスについて1人でも多くの方に興味を持っていただけたら嬉しいです。
ゴルフ&ウェルネスツーリズム「The Golf Retreat」も主宰。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 1,434ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 1,087ビュー
  3. バンカーショットでバウンスを上手く使う方法 674ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 352ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 321ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 261ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 186ビュー
  8. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 134ビュー
  9. ナイスショットを生み出すフォロースルー 131ビュー
  10. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 130ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る