新ルール・ペナルティーエリアの処置

2018年11月9日 |

こんにちは、toshiyukiです!
皆さん、ゴルフシーズンを満喫されていますか?
クラブ競技やオープン競技などに参加される方もいらっしゃると思いますが一度はルールのことで迷ったりしたこともあると思います。
そこで今回は2019年から改訂される新ルールについてお話します。

新ルールではこれまでのルールより分かりやすく簡単になります。
また不要な罰を無くしプレーの進行が促進されるようなルールに改訂されます。

コースの名称も下記のように変更されます。
・ティーインググラウンド ⇒ ティーイングエリア
・スルーザグリーン ⇒ ジェネラルエリア
・バンカー (変わらず)
・ウォーターハザード ⇒ ペナルティーエリア
・パッティンググリーン (変わらず)

今回はペナルティーエリアの処置について解説したいと思います。

これまではペナルティーエリア内に止まったボールを打つ時はソールすると二打罰が課せられていましたが新ルールではソールしても良くなります。
また枯葉や小石などを取り除くこともできます。

ペナルティーエリアから救済を受ける際の処置の仕方も変更されます。
1クラブレングスや2クラブレングスの救済エリアを計測する際、どのクラブで計っても良かったのですが新ルールではプレーヤーがそのラウンドのために持ち運んでいる最も長いクラブ(パターを除く)で計らなければならなくなります。

そしてボールをドロップする際は膝の高さからドロップすることになります。(現行は肩の高さ)

ルールを知っておくと競技ゴルフに限らずプライベートなゴルフでもプレーの進行が良くなり快適にプレーすることができますね!
新ルールは2019年1月1日から施行されますのでぜひ参考にしてください!

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

明けましておめでとうございます!
2019年もたくさんの方にゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので宜しくお願い致します!(*^^*)

週間アクセスランキング

  1. 強化合宿 at タイ(タナシティカントリークラブ) (日下部 & 中村) 339ビュー
  2. 強化合宿 at タイ(スプリングフィールドロイヤルCC) (牧野&雪田) 222ビュー
  3. Taylormade M5 Driver(テーラーメイドM5ドライバー) 201ビュー
  4. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 200ビュー
  5. Taylormade M6 Driver(テーラーメイドM6ドライバー) 194ビュー
  6. カート道からの救済方法 107ビュー
  7. スイング中のフェースの向き 105ビュー
  8. ダウンスイング時の右膝のポジション 104ビュー
  9. Taylormade M4 Driver(テーラーメイドM4ドライバー) 104ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 97ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る