新ルール・ペナルティーエリアの処置

2018年11月9日 |

こんにちは、toshiyukiです!
皆さん、ゴルフシーズンを満喫されていますか?
クラブ競技やオープン競技などに参加される方もいらっしゃると思いますが一度はルールのことで迷ったりしたこともあると思います。
そこで今回は2019年から改訂される新ルールについてお話します。

新ルールではこれまでのルールより分かりやすく簡単になります。
また不要な罰を無くしプレーの進行が促進されるようなルールに改訂されます。

コースの名称も下記のように変更されます。
・ティーインググラウンド ⇒ ティーイングエリア
・スルーザグリーン ⇒ ジェネラルエリア
・バンカー (変わらず)
・ウォーターハザード ⇒ ペナルティーエリア
・パッティンググリーン (変わらず)

今回はペナルティーエリアの処置について解説したいと思います。

これまではペナルティーエリア内に止まったボールを打つ時はソールすると二打罰が課せられていましたが新ルールではソールしても良くなります。
また枯葉や小石などを取り除くこともできます。

ペナルティーエリアから救済を受ける際の処置の仕方も変更されます。
1クラブレングスや2クラブレングスの救済エリアを計測する際、どのクラブで計っても良かったのですが新ルールではプレーヤーがそのラウンドのために持ち運んでいる最も長いクラブ(パターを除く)で計らなければならなくなります。

そしてボールをドロップする際は膝の高さからドロップすることになります。(現行は肩の高さ)

ルールを知っておくと競技ゴルフに限らずプライベートなゴルフでもプレーの進行が良くなり快適にプレーすることができますね!
新ルールは2019年1月1日から施行されますのでぜひ参考にしてください!

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暖かい日が増えてきましたね!
先日は半袖でレッスンが出来るぐらい暖かくて少し早いですが春の訪れを感じました!(*^^*)
これからコースも芝が伸びてきて傾斜地からのショットなど様々なライからの対応力が必要になってきますね!
そんな対応力や芝からの経験値を上げるのにとっておきのキャンプを4/27(土)〜29(月)に那須国際カントリークラブで開催します!
実際のコースを使って様々なライから練習できる「トライフィールド」で2日間、思う存分ボールを打って頂けます!
また冬の間、ラウンドから離れていた方も多いと思いますがコースの感覚を取り戻すにはもってこいの場所です!
ゴールデンウィークはトライフィールドでコースの感覚を磨いていきましょう!
強化合宿 at 那須国際カントリークラブ(栃木) 佐々木 康生 & 中村 敏之

週間アクセスランキング

  1. こんな時どうする?「ドライバーが不安定な時のチェックポイント」 660ビュー
  2. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 432ビュー
  3. スイング中のフェースの向き 225ビュー
  4. 正しい腰の回し方 201ビュー
  5. ダウンスイング時の右膝のポジション 198ビュー
  6. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 181ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 181ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 153ビュー
  9. 3/23GMM@カレドニアン・ゴルフクラブ攻略! 151ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 139ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る