冬こそポスチャーは確実に

2018年12月10日 |

こんにちは norihiroです(^^)
今年も1ヶ月を切りましたが、ゴルフを楽しまれていますでしょうか??
冬のゴルフはボールも飛ばなくなり、パフォーマンスが気になり、何となくアドレスをしてしまいやすい傾向にあります。

特に多いのが写真のように背中を丸めた猫背のポスチャーです。

このポスチャーはC字ポスチャーとも言われますが…
体幹の弱いゴルファーに多い型ですが、骨盤から首にかけて背中全体が丸くなっている状態です。
動きとしてバックスイングの捻転動作などに影響を与えます。

改善方法としては肩甲骨を寄せる、もしくは首とみぞおちを真上に伸ばすようなイメージで構えていくと綺麗なポスチャーになります。

次に多いのが腰を強いアーチで構えている反り腰のポスチャーです。

反り腰のポスチャーはS字ポスチャーとも言われますが…
腰痛持ちの方に多い構え方で、腰背部に過度な緊張が入っている状態です。
動きとしては起き上がりや姿勢が崩れやすくなり一連の動作に影響を与えます。

改善方法としては骨盤の前傾が強い方ほどなりやすい型なので、骨盤を後傾させるイメージで構えていく必要があります。
ただし、継続的なストレッチや意識が大切です(^^)

寒さも厳しくなると、姿勢も悪くなり怪我やミスショットの原因に繋がってしまいます。
そうなる前に今一度ポスチャーを見直しておきましょう!

理想的なポスチャーで怪我なく、パフォーマンスの良いゴルフを楽しんでください(^-^)/

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

本格的なゴルフシーズンです!
ゴルフを一緒に楽しみましょう(^^)♪
レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

来年のタイキャンプの開催情報も更新しますので、お楽しみにぃ〜

◼︎SNS
個人ブログ「ゴルフコーチNorihiroのブログ」
も配信しております。
よろしければ、ご覧ください!
https://ameblo.jp/golfcoach-norihiro

Facebookページ
https://m.facebook.com/Golfcoach-Norihiro-1382038975399651/

Instagram
https://www.instagram.com/norihiro_blog/

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 201ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 162ビュー
  3. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 161ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 161ビュー
  5. 正しい腰の回し方 129ビュー
  6. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 123ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 121ビュー
  8. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 115ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 103ビュー
  10. AwとSwの使い分け 91ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る