強化合宿 in タイの楽しみ方 2019

2019年1月6日 |

みなさま、あけましておめでとうございます。
年が開けると、毎年恒例のタイでのゴルフ合宿がありますね。
とくにこの寒い時期になると青々とした緑の芝生が恋しくなるのは私だけではないです(笑)

一人でも多くの方にゴルフトリップを、そしてタイでの強化合宿を楽しんでいただきたいと思い、ゴルフトリップマスターを自負する私から「強化合宿 in タイの楽しみ方」についての記事を送らせていただきます。
少しでも皆様が不安なく楽しむきっかけになればと思います。

■持ち物について

以前にゴルフトリップパッキングという記事をかかせていただきました。
こちらを参考にしていただけると、ゴルフトリップに必要な持ち物やパッキングの方法についてはかなりクリアできるのではないかと思います。

この他にタイ特有であると便利なものは、
·虫除け
·日焼け止め
·日傘(普通の雨傘でもOK)
です。

特に女性の方はあると非常に重宝しますので参考にしてみてください。

傘は持っていくと、こんな感じでキャディさんがプレー中もさして持っていてくれます(^^)

■出国、入国について

タイは1ヶ月以内の観光であればビザは必要ないので、パスポートと航空券があれば入国できます。
入国の際にはイミグレーションカードの記入をする必要があります。
(タイ政府官公庁のサイトより転用)
イミグレーションカードは英語表記になりますので、こちらを参考にしてご記入ください。
イミグレーションカードはタイに入国する際の機内で配られますし、万が一寝てしまってもらいそびれても入国審査前のカウンターに置いてありますのでご安心ください。

滞在先はゴルフ場名をご記入ください。
(例)Spring filed royal golf and spa

■両替について

両替は日本の空港、もしくはタイの空港で済ませておくと便利です。

現金が必要な場面は、
·キャディさんへのチップ
·食事
·マッサージ(しなければかかりません)
·追加ラウンド(しなければかかりません)
·飲み物などのお買い物
·その他個人的なお買い物
などが挙げられます。

目安として3万円程度は両替しておくと便利かと思います。
バーツはここ1年は3.3-3.5円程度で推移しています。

クレジットカードをお持ちの方でカード背面にPLUSマークのあるカードでは現地の銀行ATMでキャッシングをして現地通貨を引き出すことも可能です。
残ったバーツは帰りの空港で日本円に両替することもできますし、再訪問に備えて持っておくのもいいと思います(^^)

■ゴルフの楽しみ方

せっかく海外までゴルフに行くのですから、普段とは違うゴルフを楽しみましょう(^^)
タイと日本で違うゴルフカルチャー

·18ホールスループレー
·一人に一人のキャディさんがつく one by one caddy
·芝の種類が違う(温暖地用のバミューダという芝生です)
·コースは平で池のハザードが効いていて戦略的

中でもタイのゴルフの特徴として喜ばれるのは、1 by 1 のキャディサービスがあります。
キャディさんが自分だけのために、プレーをサポートしてくれますから、特にビギナーの方は日本よりもはるかにリラックスしてラクにプレーができると思います。
そしてパートナーであるキャディさんと仲良くなるとさらにプレーが楽しくなります(^^)
タイのゴルフ場は約半数が外国人のゲストなので、キャディさんは簡単な英語でコミュニケーションを取ることが可能です。

·あいさつ(サワディーカー)←ここはタイ語でいくと親近感があります。
·名前を尋ねる(Your name ?)
·自分の名前を名乗る(I’m Takashi)
·どこを狙えば良いですか?(Where do I aim ?)
·どっちに曲がりますか?(How do you read it ?)
このくらいで十分にキャディさんを活用しながらゴルフが楽しめると思います(^^)

やはりせっかくタイに行くのだから、タイ語のコミュニケーションに挑戦したい!という方には、GEN-TEN受講生のキヨシさんがGEN-TENメンバーのためのタイ語帳を作ってくれています。
こちらを使ってタイ語でコミュニケーションできればさらに楽しめること間違いなしです!

プレーが終わったらチップを渡すのが習慣になっています。相場は300バーツです。
もし特別に何かをしてくれたり、キャディさんのサポートでいいゴルフが出来たなーと感じた場合は400バーツ程度まではずんであげるのが慣習のようです。
100バーツ単位のお札はチップでよく出て行くので、お札は大きいものから使っていくと手間なく使えますよ(^^)

■アフターゴルフについて

ゴルフのあとはリラックスタイムです。
せっかく海外ゴルフトリップですから、日本とは違うアフターゴルフを楽しんでみませんか?
私がお勧めするアフターゴルフの楽しみはこちらです。

·プールでのクールダウン
·SPAやマッサージ
·トワイライトカクテル
·観光やお食事

「もう何年も水着なんてきてない」という方も、この機会にゴルフで火照った体をプールで冷ます感動を味わってほしいです(笑)今回みなさまが宿泊するホテルには全て素敵なプールが備わっています。お部屋からは水着にバスローブを着てプールに移動してプールにドボン。この方のように楽しんでください。

ホテルのSPAやマッサージは事前の予約が必要です。
その日の夕方に受けたい場合は、前日か当日の朝の時点で予約しておくといいですよ(^^)

ゴルフ場で迎えるトワイライトは本当に感動的です。少しずつ涼しくなる気温、沈む夕日、キンキンに冷えたビール。最高です(笑)その日1日を振り返りながら思い出に残る一杯を。

観光やお食事も魅力の一つです。
ナイトマーケットや、話題の観光スポットなどを巡るのも良いですよ。

タイ料理で人気のメニューを載せておきます。こちらも機会があったら挑戦してくださいね(^^)
·トムヤムクン(世界3大スープの一つと言われています。辛味と酸味が混ざり合う定番スープです)
·パッタイ(タイ風焼きそばです)
·グリーンカレー(青唐辛子と、ココナッツミルクが効いた甘辛味)
·ソムタム(青パパイヤのサラダです。お肌にいいと女性に人気。辛い味付けで食べるので気をつけて。)
·ガパオ(ひき肉とバジルをご飯に載せたドライカレーのような定番の人気メシ)
·プーパッポンカレー(蟹をカレーパウダーと卵で和えたシーフードカレーです。ご飯と合います。)
·カオニャオ·マムアン(マンゴーと餅米にココナッツミルクを和えたデザートです。慣れると病みつきw)

いかがでしたか?
ゴルフの楽しさは、プレーそのものだけではなく、その周辺にある景色や体験や出会いも含めてのものだと私は思います。
ゴルフを楽しく続けるためにも、ゴルフの楽しみ方を知るというのも、皆様の今後にとって良い学びになると思うので、ぜひ思いっきり楽しんできてくださいね!

この他にもご質問がありましたら予約センターかスタッフまでご連絡ください。
私も現地で皆様をお待ちしております。
それでは当日までどうか気をつけて、良い旅を(^^)

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

大矢 隆司

大矢 隆司

1980年7月15日生まれ
15歳で単身オーストラアへゴルフ留学Hills Golf Academyで3年間ゴルフを学ぶ。
その後大学在学中にティーチングライセンスを取得しゴルフコーチとして仕事を始める。MBA(経営学修士)のキャリアも持つ異色のゴルフコーチ。
2005年にGEN-TENの設立。現在はディレクターとしてレッスンプログラム開発と組織運営を担当。趣味はゴルフ旅行(スコットランドトリップアメリカトリップ

ゴルフコーチ(USGTF)
メンタルフィットネストレーナー(NESTA)
ゴルフコンディショニングスペシャリスト(NESTA)
ゴルフフィットネストレーナー(JGFO)

Director’s note」を通じて私達が提供するゴルフコースレッスンというサービスについて1人でも多くの方に興味を持っていただけたら嬉しいです。
ゴルフ&ウェルネスツーリズム「The Golf Retreat」も主宰。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,575ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 246ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 156ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 148ビュー
  5. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 139ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 120ビュー
  7. キャディバッグの担ぎ方 103ビュー
  8. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 99ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 98ビュー
  10. AwとSwの使い分け 90ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る