左足下がりのバンカーショット!

2019年3月2日 |

こんにちは、toshiyukiです!
以前、左足上がりのバンカーショットの記事を書かせて頂きましたが今回は左足下がりのバンカーショットについてお話ししたいと思います。

つい先日のレッスンで「左足下がりのバンカーってどうやって打つんですか?」という質問がありました。
基本的には左足上がりと同様に傾斜に沿ってクラブを振り抜いていきます。
その為にはフェアウェイやラフからのショットと同じように左脚に腰を乗せて構えます。

この時、上半身を左に傾け過ぎないように注意してください。

ボールの位置はあまり右に置き過ぎるとボールが上がりづらくなるので真ん中より少し左足寄りに置きます。
そしてボールが上がりやすいように少しフェースを開きます。

アドレスが決まったら前述したように傾斜に沿ってクラブを振り抜いていきます。ですがバンカーショットなのでボールを直接打たずに砂ごとボールを飛ばしていきます。






特にアウトサイドインに振ったり、コックを積極的に使おうとしなくてもロフトがボールを上げてくれます。そのためシンプルにスイングしていきましょう。
ボールが上がりづらい状況で、しかもバンカーということでかなり不安や恐怖心があると思いますがロフトを信じて勇気を持って振り抜いてくださいね!
バンカーショットはなかなか練習する機会がないと思いますが、4/27(土)〜29(日)に那須国際カントリークラブで開催される強化合宿では思う存分バンカーショットの練習ができます!

バンカーショット以外にも芝の上からアイアンショットやアプローチも好きなだけ練習できるのでコースでの経験値を上げたい方はぜひ参加してみてください!
那須国際CCトライフィールド強化合宿

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暖かい日が増えてきましたね!
先日は半袖でレッスンが出来るぐらい暖かくて少し早いですが春の訪れを感じました!(*^^*)
これからコースも芝が伸びてきて傾斜地からのショットなど様々なライからの対応力が必要になってきますね!
そんな対応力や芝からの経験値を上げるのにとっておきのキャンプを4/27(土)〜29(月)に那須国際カントリークラブで開催します!
実際のコースを使って様々なライから練習できる「トライフィールド」で2日間、思う存分ボールを打って頂けます!
また冬の間、ラウンドから離れていた方も多いと思いますがコースの感覚を取り戻すにはもってこいの場所です!
ゴールデンウィークはトライフィールドでコースの感覚を磨いていきましょう!
強化合宿 at 那須国際カントリークラブ(栃木) 佐々木 康生 & 中村 敏之

週間アクセスランキング

  1. スイング中のフェースの向き 530ビュー
  2. こんな時どうする?「ドライバーが不安定な時のチェックポイント」 445ビュー
  3. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 424ビュー
  4. ダウンスイング時の右膝のポジション 308ビュー
  5. 正しい腰の回し方 242ビュー
  6. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 219ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 185ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 148ビュー
  9. 3/23GMM@カレドニアン・ゴルフクラブ攻略! 147ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 136ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る