なぜアイアンはダウンブローで打たなくてはいけないのか?

2019年11月2日 |

こんにちは!
テレビショッピングで衝動買い(ストレッチ用具)をしてしまった牧野佑司です。

今回のウェブレッスンはダウンブローについてお話しさせていただきます。
GEN-TENゴルフコースレッスンダウンブローの写真

そもそもダウンブローって何でしょうか?

下記のような状態をダウンブローと呼びます。
GEN-TENゴルフコースレッスンダウンブローの図解

クラブヘッドは構えた位置からヘッドは上に上がります。
そこからクラブは下に落ちてヘッドの最下点を境にヘッドは上に上がっていきます。
そのヘッドが下に落ちている時にボールを捉えることがダウンブローで打つといいます。

ではなぜアイアンではダウンブローに打たなくてはいけないのでしょうか?

それはアイアンの芯の位置です。
こちらの画像をご覧ください。
GEN-TENゴルフコースレッスンアイアンの芯の図解
画像の説明にもありますようにアイアンの芯の位置はスコアラインの2〜3本くらいのところにあります。
そのままアイアンのシャフトが地面に対して垂直に打ってしまうと芯より下に当たってしまいます。
すなわちトップの状態になります。
GEN-TENゴルフコースレッスンアッパーブローインパクトの図解
このような状態です。

ですので、アイアンではややシャフトが左斜めに傾いた位置で当てなくては芯に当たりません。
先ほどの画像を再び載せますが、クラブの最下点がボールより先にならないと理想の形にならないです。
GEN-TENゴルフコースレッスンダウンブローインパクトの図解

いかがでしょうか。

もちろん度合いも大切になります。
このことを意識しすぎてフェースの上側に当たってしまったりティーアップされた状態で打ちにくかったりされる方もいらっしゃいます。
トップが多い、ボールが上がらないと言う方にはぜひオススメです!!

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

みなさま。こんにちは。スマホの文字入力を両手で入力できるように練習している牧野佑司です。

今年もあと3ヶ月を切りました(はやすぎる)
そしてベタですがいい季節になりました。
これからの牧野のレッスンではスイングする方向を正すことをテーマに行ってます。
そのための伝え方も慎重に説明させていただいております。
お互いが納得できるように動画解析も駆使するようになりました。コースと練習場の違いも見えてくるようになりました。楽しいです!
11月9日からの信楽カントリークラブのキャンプではじーっくり解析します!!
https://www.gen-ten.jp/event/21931

Twitter
Twitterアカウント

Instagram
yuji61jr

facebook
https://www.facebook.com/yuji.makino.10

たまにブログ(汗汗)
でレッスンの様子や考え方なども発信しております。(特にTwitter)
また新たなコーチだと思ってご参加いただけるとうれしいです。

みなさまのレッスンのご参加楽しみにしております!!

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上達のヒント!〜ハンドファースト体感ドリル〜 2,132ビュー
  2. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 314ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 255ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 207ビュー
  5. チーピン&プッシュアウトでお悩みの方へ!Vol.3 193ビュー
  6. ゴルフ上達のヒント!〜スイング中の腰の回転をよりスムーズに!〜 190ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 174ビュー
  8. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 170ビュー
  9. 前傾キープにも効果的!切り返しでの腰の回し方とは?! 169ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 156ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る