ゴルフ ドライバーの精度アップで90切りが見えてくる!

2020年11月1日 |

こんにちは、toshiyukiです!
ゴルフを始めてほとんどの方はまずは100切りを目標にされると思いますが100切りを達成してもう満足という方は少ないと思います。
もっと上手くなりたいという欲求も湧いてきますし、なにより90を切れるようになるとプレーにもかなり余裕が出てきてコースの景観を楽しんだりクラブ選びにも興味が湧いてきたりしてどんどんゴルフの楽しさが広がってくると思います。
私のレッスンでも90切りを目指して頑張っている方がたくさんいます。
では90を切る為にはどうすればいいのでしょう?

ドライバーの精度アップで90切りが見えてくる!

GEN-TENゴルフレッスンドライバーショット

ドライバーショットに磨きをかける!

人によって課題は様々ですが90を切る為にもっとも効率的なのがパーオン率を上げることです。
「リッキオの法則」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
ご存知の方もいると思いますがUSGAのハンデキャップ委員会のメンバーであるルウ・リッキオ氏がスコアに影響する要因が何なのかをハンデキャップ30からPGAツアーの選手までを対象に研究しました。
その結果、パーオン率がスコアに最も影響を与えるという結論に至りました。
(※リッキオの法則については以前に記事が書かれていますのでそちらを参考にして下さい。)
ドライバーショットの飛距離や精度が上がればパーオン率も上がります。
なのでドライバーショットに磨きをかける事は90切りを達成するのに近道だと言えます。

飛距離はアドバンテージ!

パーオン率を上げるには飛距離は大きな武器になります。
GEN-TENのレッスンを開催させて頂いているコースを参考にするとPar4のホールでレギュラーティから平均350ydぐらいです。
短いホールだと300yd前後に設定されていたりしますが18ホール中、2〜3ホールといったところです。
あとは大体350yd以上のホールが続きます。
ドライバーの飛距離が平均200ydぐらいだとすると150yd以上のセカンドショットが残るのでおそらくロングアイアンやUT、もしくはフェアウェイウッドで打つことになります。
そうなるとパーオンの確率はかなり低くなってきます。
ドライバーで230yd飛ばせるようになると残りは120yd前後になりアイアンの飛距離も伸びると思うのでショートアイアンでグリーンを狙うことができます。
一気にパーオンの確率が上がりますね!

フェアウェイキープもパーオン率アップの重要課題

ドライバーの飛距離が伸びてもグリーンを狙える場所にボールが行かないとパーオン率を上げることはできませんね!
OBは極力避けたいですし、林の中からはなかなかグリーンを狙えないですよね。(^^;;
また夏の深いラフやフェアウェイバンカーからのパーオンもかなり難易度は高くなります。
なのでドライバーの方向性もパーオン率アップには大切な要素になります。

長々と書いてしまいましたがドライバーの精度を上げることが90を切る為の近道だということを理解して頂けたと思うので次回はドライバーショットの精度を上げる為のコツや練習方法などをご紹介していきたいと思います。
楽しみにしていて下さいね!(*^^*)

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

日本人初のマスターズチャンピオンが生まれました!
感動しましたねー!(≧∇≦)
また来年のマスターズでどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです!(^^)
マスターズを見るとゴルフがしたくなりますね!
皆さんもマスター達の良いイメージを持ってゴルフを楽しんで下さい!(*^^*)

週間アクセスランキング

  1. ラウンド中に出てしまうトップボールの3つの原因と対策 567ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 343ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 296ビュー
  4. 競技用スコアカードの書き方 263ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 249ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 215ビュー
  7. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 202ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 191ビュー
  9. 家の中でもパッティングが上手くなる3つのドリル! 175ビュー
  10. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 120ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る